スニーカーのうんちく~佐藤隆太さん、風見しんごさん、芹那さん

    ウォーキングからは少し離れるかもしれませんが、今回はスニーカーの話題をご紹介します。

    フジテレビ12日放送の「奥の深道」の「同類くんの旅」というコーナーで、スニーカーのコレクターとして、俳優の佐藤隆太さん、俳優の風見しんごさん、タレントの芹那さんが登場しました。相手はブラックマヨネーズの二人です。

    佐藤隆太さんはルーキーや海猿などで体育会系の役どころが人気ですが、自身も高校時代は公式野球をしていたのですね。

    佐藤さんは前からスニーカーを沢山持っていることでも知られていましたが、今回、500足になると言っていました。

    ブラックマヨネーズからスニーカーにはまったきっかけを尋ねられ、佐藤さんは次のように説明していました。

    中学時代にアメリカにホームステイに行ったとき、自分へのお土産として、当時人気の「エアージョーダン7」を買ってきたそうです。

    帰国後、塾へそれを履いて行ったところ、エアージョーダンが無くなってしまったということがあって、これをきっかにスニーカーへ関心が高まり、徐々にスニカーが増えていったそうです。

    現在自宅には、スニーカー専用の部屋があるのですが、将来は玄関にスニーカーをずらっと、収納するような家を持ちたいとのことでした。

    風見しんごさんは、タレント、歌手、俳優ですが、ニューヨークでブレークダンスを習得し、日本での草分け的の存在でもあります。

    しんごさんが、「涙のtake a chance」という曲を出し、唄い、踊ったときに、見ていた関係者から、履いてみてよと提供されたのが、「エアージョーダン1」だそうです。
    それ以来やはりスニーカーにはまってしまったそうです。

    番組には自分の愛蔵しているスニーカーを持ってきていましたが、宝物を使う彼らの言動が、熱く伝わりました。

    しんごさんがいうには、長く保管していると、”加水分解」といって、ソウルがはがれてしまうのが、一番の悩みだそうで、番組でも持参したお宝を、ビニール袋から出し渋っていました。

    芹那さんはアイドル、モデルとして活躍していますが、学生時代はチアリーディングもしていて、その辺から、スニーカーに関心が高まったのかもしれませんね。

    番組ではキャラクターの入ったスニーカーを披露していましたが、これを履くのは自分をアッピールしたいときだそうです。

    その素敵なスニーカーを、ブラックマヨネーズの吉田さんがからかい半分にキスしたので、芹那さんはパニックでした。

    三人は揃って吉祥寺にある”スニーカーの聖地”とも呼ばれるショップ、「SKIT]へ出かけ、あくまでもスニカーに浸りきっていました。

    スニーカーが奥の深いものであることもよく分かりました。

    スポルディングのウォーキングシューズ

    ウォーキング愛好者にとって、ウォーキングシューズは大切なグッズですが、今回はスポルディングのウォーキングシューズをご紹介します。

    スポルディング(Spolding)はアメリカのスポーツ用品メーカーです。創業は1876年と古く、創業者であるスポルディング氏自身はメジャーリーグで投手として活躍していたのですが、メジャーの公式球の第一号と認定されました。

    その後ゴルフボール、バスケットボール、アメリカンフットボールなどのボールの製造を中心に、地位を確立していきました。現在でもバスケットやアメリカンふとボールでトップブランドとなっています。

    さらに、ボール以外のスポーツ用品やスポーツウエアも開発するようになり、ゴルフクラブ、スポーツシューズなどでもそのブランドが認められています。

    さてスポルディングのシューズは、実は日本のアキレス㈱との共同開発で製造販売しています。アキレス㈱は老舗の運動靴メーカーで、最近では特に児童用の「瞬足」が大ヒットしています。共同開発したものを、スポルディング・ブランドとして、両社のチャンネルで販売しています。

    スポルディング・ジャパンのホームページはこちらからご覧になれます。

    アキレスのウェブショップはこちらからご覧になれますので、参考にしてください。

    スポルディングのウォーキング・シューズ(ランニング、ジョギングを含みます)には三つラインがあります。


    【クロスウォーカー】は、長時間のウォーキングにも疲れにくく、快適に楽しめるように設計された高機能シューズという位置づけです。天然皮革、人工皮革も使った、やや高級感のあるウォーキング・シューズです。価格は9千~1万円くらいです。



    【スリムトレーナー】には、三つのタイプがありますが、日頃運動不足気味の人が気軽にウォーキングをし、効率的に筋肉を使うように、設計されています。価格4~6千円です。


    【ドライテック】は、サイドから中底までメッシュの一体構造などにより、中の湿気を排出しやすく、履きやすいといわれます。日常的なウォーキング向けです。価格は3~4千円です。

    ナイキのウォーキングシューズ

    ウォーキングシューズは、日ごろ健康ウォーキングを実行するひとたちにとって大変重要なアイテムです。多数のメーカーがありますが、今回はナイキを取り上げてみます。

    ご存知のようにナイキ(NIKE)は1968年」創立のアメリカのスポーツ用品のメーカーで、世界を代表するブランドです。しかし、意外なことに、初期には日本のアシックス(当時はオニツカタイガー)の運動靴を輸入販売も行っていました。

    その後は自前のブランドを展開し、シューズのほかにもさまざまなアイテムを送り出し、人気を呼んでいます。

    なお、ナイキはギリシャ神話の勝利の女神ニーケ(NIKE)に由来するといわれますが、当初は日本で造られた靴のブランド名で、後に社名となりました。

    ナイキの本拠地はアメリカ、オレゴン州にあり、日本にはナイキ・ジャパンがあります。

    運動用のシューズはナイキの主力で、実に多数のアイテムがありますが、ランニング、ジョギング、ウォーキングなどのシューズは大雑把にいえば、まとめてランニングシューズと呼ばれています。

    その中で、フリーシューズ、トレーニングシューズと呼ぶアイテムがあり、それらがウォーキングなどに適しているといわれます。
    なお、ネットショップなどでは、ウォーキングシューズとしても表示されていますので、念の為。

    ナイキのシューズを自分で調べる場合には、ナイキのホームページをご覧になることをお勧めします。ナイキ・ジャパンはこちらから、
    アメリカ本社はこちらからご覧になれますが、全般を見るにはアメリカ本社のほうが分かりやすいかもしれません。トップから「FOOTWEAR」で検索すると表示されます。

    なお、ナイキのシューズではカスタマイズとして、いわばセミオーダーのサービスがあります。ナイキではNike IDと呼んでいて取扱店も限定されますが、興味のある人は、調べてみてください。

    ウォーキングシューズに適した例を少し挙げてみます。


    これはマルチトレーニングモデルとして開発されたもので、初心者から幅広く利用できます。クッション、軽量、着地感、耐久性に優れているといわれます。




    これもマルチトレーニングモデルで、伝統のエアー技術を引き継いで、リニューアルした定番といわれるものです。




    マルチトレーニングシューズの一つで、足や体全体の筋肉を活性化するのに有効といわれます。日常の幅広いスポーツ活動に利用できます。

    ヨネックスのウォーキングシューズ

    ウォーキングをする人にとって大切な、ウォーキングシューズについて、今回はヨネックスをご紹介します。

    ヨネックスについてはご承知のように、バドミントンやテニスのラケットのメーカーとしてよく知れれていまが、
    ヨネックス㈱のルーツは、1946年に創業者の米山勉氏が新潟で木工製品を作るところから始まりました。

    その後、バドミントンのラケットの製造、販売を始め、スポーツ用品メーカーとしての活動がスタートしました。1958年に㈱米山製作所を設立、その後ヨネヤマラケット、ヨネックススポーツを経て1982年現社名になっていす。

    製品も、テニスラケットやゴルフクラブやウエア類に幅を広げ、業界での地位も固めました。「スポーツ心を世界に」をスローガンにして、石川僚選手ほかトップアスリートのサポートにも力を入れています。

    ウォーキングシューズは2000年に参入し、他メーカーとは一味違った製品を提供して、人気を呼んでいます。同社のホームページ からもご覧になれますが、ウォーキングというカテゴリーがはっきりしていて、意気込みが感じられます。

    ウォーキングの中は、カジュアルウォーク、ロングウォーク、旅ウォークに分かれます。カジュアルウォークは文字通り、街履きから、フィットネス、運動に適したものがあり、長時間・長距離用にはロングウォークを、旅行にも使えるものは旅ウォークを選ぶようになっています。

    ヨネックスのウォーキングシューズの最大のポイントは、”パワークッション”です。それは、高反発で軽量衝撃吸収材とPRしていますが、例えば6mの高さから卵を落としても割れないくらいやさしく衝撃を吸収するといっています。そのほか蹴り上げをサポートし、疲労を少なくする、非常に軽いなどを特長としています。

    ヨネックスのウォーキングシューズについて、全体的にはまず、ただの運動靴というよりは、少しカジュアルっぽい印象を受けますが、健康ウォーキングとしてどんな商品を選べばよいか、少し例を挙げてみます。

    カジュアルウォークの中で、LC46またはMC46(Lは女性、Mは男性で、以下同じです)はスニーカータイプ、価格はメーカー定価で13,650円です。また、LC47、MC47は運動靴あるいはスポーティな感じで、価格は12,600円です。LC48、MC48も運動靴っぽい感じで、12,600円です。

    ロングウォークの中では、LC50、MC50などは通気性、防水性に富んでいます。価格は14,700円です。

    など、ちょっとおしゃれで、素材もレザー、人工皮革などの商品がありますので、上記ホームページからウォーキングのカタログをご覧ください。

    なお、実際のネットショップなどでは若干割引されているようです。参考サイトはこちらなどをどうぞ。


    ニューバランスのウォーキングシューズ

    ウォーキング少年
    健康づくりのためのウォーキング、そのためにはできるだけフィットしたウォーキングシューズを選ぶ必要があります。今回はニューバランスを取り上げてみましょう。

    ニューバランス(New Balance)は、1906年にアメリカ、ボストンで靴のインナーと偏平足などの矯正用の靴を作ることから始まりました。社名のNew Balanceは、履く人に新しいバランスを感じてほしいとの願いからです。

    その後一般向けのランニングシューズを提供していきますが、同社は創業時から足の解剖学的、あるいは運動生理学的な関心を強くもって取り組んできたようです。 テクノロジーを結集し、フィット性、機能性を追求していくというのが同社の姿勢です。

    日本にはニューバランス・ジャパンがあり、同社のホームページはこちらからご覧になれます。、ウォーキング愛好者にとって利用しやすいホームページですので、参照されることをお勧めします。

    そのトップページから「シューズ製品」というアイテムをクリックすると、次のようなカテゴリー別に表示されます。ランニング、フィットネス、アウトドア、スポーツ、ウォーキング、ライフスタイルなどです。

    さらに「ウォーキング」のアイテムをクリックすると、Fitness、Town、Travel、Posture(姿勢)に分かれていますので、自分の目的に合ったカテゴリーを選択します。

    日常的に健康ウォーキングをするのであれば、「Fitness Walking」が適しているでしょう。これは。スポーツや健康、ダイエットなどのためにウォーキングに取り組む人を対象に開発されたシューズですので、まさにぴったりです。

    この中に6モデルが表示されていますが、WW880などは心地よいと女性に人気のようです。(定価9,975円)また、ゴアテックスで防水のMRW760もあり、定価15,550円です。

    ネットショップの例はこちらなどを参考にしてください。
    スポンサードリンク
    最新記事
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    プロフィール

    ハッピーウォーカー

    Author:ハッピーウォーカー
    できるだけ多くの方が、楽しくウォーキングをされ、健康でハッピーな日々を送られるように!

    walkingc
    FC2ブログランキング

    FC2Blog Ranking