スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ウォーキングとポール、スティック

    ウォーキングとは歩くことですから、誰でも特別には考えずに歩くことができます。しかし、健康ウォーキングとして、継続的に楽しく行うには、グッズなども大きな助けになります。今回は、ポールについて書いてみます。

    以前は、ウォーキングでは普通、街中で行う場合には、ポール(スティック、ステッキともいいます)は用いませんでした。ハイキング、山登り的な状況では、バランスをとったり、転倒防止のために用いられるようになり、郊外での長距離ウォーキングではかなり普及するようになりました。

    しかし、ノルディック・ウォーキングでは2本のポールを、積極的に使います。これによって、ポールを使わないウォーキングに較べて、上半身も使うためエネルギーも消費し、またポールの補助により歩幅を広げ、膝などへの負担を軽くする、あるいは背筋力を鍛えることができるなどといわれます。

    呼び方は従来のアウトドアでは一般的にはスティックといわれますが、ノルディックウォーキングではポールが普通です。また、アウトドア一般では1本単位、ただし2本使うことも多い、ですが、ノルディックでは2本対が普通です。

    構造的には、アウトドア一般でも、ノルディックも基本は変わりません。シャフトは2段ないし3段式で短くたためるものが多く、身長に合わせるのはもちろんですが、山登りなどでは傾斜に応じて長さを調整することも必要です。また地面を突いたときにクッションをきかせて。衝撃を吸収する方式のものが増えています。

    シャフトの素材はアルミが多く使われていますが、カーボンも増えていて、軽量化をはかっています。軽量化は魅力ですが、ノルディックではエネルギー消費も狙っていますので、適切な重さを選ぶ必要があります。

    山登りなどでは、滑らないことが求められますので、先端の鋭さが必要ですが、ノルディックでは、むしろ歩幅を広げる補助用具でもあるため、漕ぎやすいように先端を丸くしているものもあります。

    持ち手の形はT型、I型が基本でバリエーションもあります。また手首を入れるベルトと着脱の仕方も最近はワンタッチ式のものもあります。

    価格的には、アウトドア一般の1本単位の場合は4千円くらいから、1万円台、求めるレベルで幅があります。ノルディックでは2本セットで7千円くらいから2万円台くらいです。安いものもありますが、継続的に使うにはある程度のレベルのものがベターでしょう。

    メーカーとしては、ミズノなどの総合的な運動用品メーカーのほか、スティック・ポールなどが得意なメーカーとして、レキ(ドイツ)、SWIX(ノルウエィ)、HATACHI(日本)、SINANO(日本)などがあります。


    これらを参考にされて、実際に選ぶにあたっては、使用方法を決めて、実際に手にして試してから決めることをお勧めします。

    販売の参考情報はこちらをご覧ください。


    スポンサーサイト

    ウォーキングソックス 靴下の選び方

    遠足グッズf

    ウォーキングを楽しく続けるために、ウォーキンググッズは重要ですね。中でもウォーキングシューズは最も大切ですが、それとともに、ソックス、靴下も大きな役割を果たします。

    ときどきちょっと歩く程度でしたら、あまり気にすることもありませんが、健康ウォーキングとして続けたり、長距離、長時間のウォーキング、ハイキング、山登りなどでは、ソックス、靴下を選ぶのにも気をつかう必要があります。

    快適に、疲れにくくするソックス、靴下であればいいわけで、個人個人のお好み、フィット感も違いますので、これでなくてはならないということはありません。2枚を重ねて使う人もいると思います。自分の場合は、長時間の場合には、内側に薄いソックスを履いて、外側にパイルなど厚めのものを使っています。

    ウォーキングソックス、靴下のポイントとしては、まず厚さ、弾力性が大切ですね。特に踵部分の弾力性に注意しましょう。メーカーによっては足底全体ではなく、踵など必要な部分を厚くしているものもあります。

    それから、汗をかきますので、吸湿性、速乾性も大切で、特に長時間の使用では、疲労感にも影響します。もちろん、長時間のときには、履き替えることも考えます。最近は衛生を考えた素材も登場しています。

    もちろん、ソックス、靴下の長さ、ハイソックスか普通タイプか足のどの部分までカバーするのかは、使用条件から決めます。ウォーキングでは基本的にはあまり短いものは避けたほうがベターでしょう。

    寒い時期には保温性のあるものも有難いですね。最近は各種保温性の素材(ブレスサーモなど)を使ったものも出ています。

    価格的には、ウォーキングソックスとして発売されているものは、1,000円台が多いですが、それなりの価値はあるのではないでしょうか。

    ウォーキングソックスのメーカー、ブランドとしては、ミズノほかほとんどのスポーツ用品メーカーから出ていますし、衣料品メーカー、ピップなど健康関係の会社からも発売されています。

    参考サイトを少しあげてみましょう。
     販売情報① 販売情報② 靴下専門店


    ウォーキングスタイル
    女性にモテるファッションマニュアル完全版

    ウォーキングシューズの中敷・インソール

    歩幼児f

    前のページでもご案内しましたが、ウォーキングをする人にとって、シューズはウォーキンググッズの中で、もっとも重要なグッズですが、同時に中敷インソールともいいます)も大切ですので、ご紹介します。特に積極的にウォーキングに取り組んでいる人には、足腰を保護し、快適に続けるために、お勧めです。

    中敷はシューズによって使えるものと、使えないものとありますが、できるだけ、中敷が使えるシューズを選ぶほうがベターです。中敷は単に靴底の厚さを増して、快適にするだけではありません。

    人間の足は必ずしも左右同じ長さではなく、また足の構造にしても、例えば土踏まずの状況や片足の中で前後左右のバランスなど、問題を含んでいることも多々あります。それらの問題を改善するものとして、中敷が重要になります。

    中敷を選ぶとなると、かなり沢山の種類があり、迷うほどです。どんなタイプがあるか、概略をご説明します。
    素材としては、自然素材から、ウレタンなどの化学製品の成型品、さらにジェルやエアも使用されています。これらの材料をミックスして、部分部分に最適な効果を生むように設計されたものもあります。

    用途としては一般の靴から、運動用にしてもランニング用、ウォーキング用、スパイク用、室内用などそれぞれの特性に合うような商品が提供されていますので、できればウォーキングようを探しましょう。

    中敷のメーカー・ブランドについてはまず運動用シューズを提供するメーカー、例えばプーマ、アシックス、ヨネックス、ミズノなどほとんどの所から中敷も提供されています。

    その外、専門メーカー・ブランドとして、例えば、ペダック、ソルボ、ショックドクター、インプラス、ソフソール、ムトーなどがあります。量産品の価格は概ね1,000円弱~3,000円程度です。 これらの情報については こちら①、あるいは こちら② からご覧になれます。

    オーダーで中敷を作る所もあります。個人個人の足の特徴に合わせて、どの部分を補えば良いか判断して、最適の中敷を作ってもらえます。価格は1万円以上のようです。その情報は こちらからどうぞ。

    ウォーキングシューズの賢い選び方

    wシューズf

    ウォーキングする人にとって、ウォーキンググッズの中で、ある意味もっとも大切なグッズはウォーキングシューズです。足を傷めず快適にウォーキングできるよう、賢くシューズを選びましょう。

    ウォーキングといっても、軽く歩く場合、ときどき歩くという人については、あまりシューズをあれこれいうことはありませんが、健康ウォーキングとして、継続的に積極的に取り組む場合には、シューズは大切なグッズとなります。できるだけ、ウォーキングシューズと呼ばれるものをお奨めします。

    シューズ選びの第一は、いうまでもありませんがその人の足にフィットすることですね。そのときに、指先部分に若干のゆとり、伸ばしたり、広げたりできる感じが必要です。窮屈な感じは避けましょう。幅広、甲高もそれなりに合わせましょう。

    次に、ウォーキングシューズ選びで大切なポイントは、靴底です。適度の弾力性を持ったうえで、安定性が高いことが重要です。あまりふわふわした感じは避けましょう。ジョギングシューズは衝撃を緩和するため、やや弾力性が高いといわれます。

    ウォーキングでは、踵部分から接地しますので、特に踵の安定と衝撃を感じない程度の弾力性をが肝心です。重心は、踵からつま先に移動しますので、靴底に適度な屈曲性(曲がる)ことも必要です。

    ウォーキングシューズを選ぶときには、必ず試着、できれば店内を歩いてみることをお勧めします。足をフィットさせるときに、まず踵を先にフィットし、次に指先を確認しましょう。

    なお、靴を合わせるときの時間帯は、午後のほうが足が膨張しますので、午後に選ぶのがベターです。
    シューズの固定方式は、マジックベルトよりは、靴紐でしばる方式を選びましょう。

    踵の深さは浅いものより足首を覆うほうがベターです。特に郊外など不整地を歩くことがある場合には、是非深いものにしましょう。


    ウォーキング ウエア

    w女青ヘアバンドf 

    最近はウォーキングをする人が大変増えています。ジョギングも盛んで、このように一般者向けの運動が広まっていることは、大変いいことですね。

    ジョギングに較べると、ウォーキングは足への衝撃が少なく、膝への負担が軽い、また呼吸器、循環器系にも無理が少なくて、有酸素運動ができるという点でお奨めです。もちろん両方をミックスしてやることもできます。

    さて、ウォーキング(あるいはジョギングも含めて)のときのウエアについて、ご案内します。ウエアといってもいろいろあります。季節、環境条件、運動強度、汗をかく程度、などなど個人個人の体調によっても適したウエアは異なります。

    夏ならティーシャツに半ズボン、短パンで差し支えないですが、ここではまず、いわゆるジャージータイプについてご紹介しましょう。

    ジャージー(あるいはジャージ)は、もともとはイギリスのJERSEY島の漁師の作業着の素材ですが、伸縮性、耐久性、通気性に富んだもので、基本パターンはおなじみの学校の運動着ですね。夏の暑いときは上着は不要でしょうが、年間通して手軽に利用できます。

    伸縮性に優れているので、運動がしやすく、どんな運動でも、トレーニングウエアとして使われています。パンツはトレパンとも呼ばれています。

    上着(トップ)はスポーツジャケットと呼ばれることもあります。ただし、ジャケットという場合は少し形を整えた感じのものが多いようです。

    余談ですが、ジャージーかジャージかについて、JERSEYの発音の問題ですが、両方使われています。ある人の指摘では、文字に書くときはジャージー、口でいうときはジャージが多いそうで、なるほどと思ったりします。なお、牛の種類とかアメリカの州はジャージーといいますね。


    ジャージーのメーカーは非常に多く、内外のすべての総合スポーツ洋品メーカーから提供されています。お馴染みのブランドでいえば、プーマアディダスナイキミズノデサントなどなど挙げればきりがありません。

    ウォーキングは特にウエアを気にすることもなく、気軽にすることもできますが、おしゃれでスカッとしたジャージーで颯爽とウォーキングするのもいいですね。気分が上向き、継続する力ともなります。いいものが各ブランドから探せます。

    それから、特にレディースの場合で、下半身をスリムに見せるような加圧式あるいは骨盤を引き締めるものも出ていますので、ご参考に。

    ウォーキンググッズ、服装など

    ウォーキング女性青ヘアバンド
    今回はウォーキングの服装など、ウォーキンググッズについて概略をご案内します。

    ウォーキングの服装
    服装といっても、歩くわけですから、これでなくてはいけないというものはありません。ただし、健康ウォーキングとして、少し速めに歩きますので、運動しやすい、ゆったりしたものがベターですね。それから、汗をかくことも多いので、通気性、即乾性に優れているほうがいいです。もちろん、ジョギングと同じ考えで差し支えありません。

    パンツは伸縮がきくものが、歩きやすいです。ということで、一般的には運動着、ジャージーが適しているといえます。さまざまなジャージーについては別途ご案内します。

    服装は季節や気象条件によっても変わります。夏場は上はシャツ(ティーシャツなど)、短パンなどでいいですね。汗ふき用のタオルは必需品ですし、汗をかいたときの着替えも用意する必要があります。

    逆に、冬場などはウインドブレーカー、また、雨に備えることも必要です。激しい雨でなければウインドブレーカーで雨対策もできますね。

    ウォーキングの靴下・ソックス
    足を痛めないよう、気持ちよくウォーキングするためソックスは大切です。少し厚めのものを選びましょう。場合によっては、二重(内側を薄くするなど)にすることもいいですね。

    ウォーキングのシューズ・靴
    運動に適した靴なら特にどれということはありませんが、できれば靴底が厚く、弾力性のあるものを選びます。膝などへの衝撃をやわらげ、継続的にウォーキングをする助けとなります。

    野山でウォーキング、ハイキングなどをする場合には、くるぶしまで覆う靴が望ましいです。いろいろなメーカーからバラエティーに富んだウォーキングシューズが、販売されています。これについては別途ご案内をします。

    その他
    帽子は必需品ですね。帽子もいろいろな種類がありますので、別途ご案内します。
    歩数計、水筒、手袋、人によってはマスク、サングラスなども要るかもしれません。
    さらに、ケースによってはスティック、あるいはダンベルを持ってウォーキングする人もいますね。これらについても別途取り上げたいと思います。

    ウォーキングの基礎(2)

    少年少女手つなぎ
    ウォーキングの基礎の第2編として、初心者がウォーキングを始めるときの、初歩的な知識をご紹介します。ウォーキンググッズについては、別のページでご紹介します。ウォーキングといっても要するに”歩くこと”ですから、誰でもできるわけですが、多少の知識があると、楽しさ、効果が違ってくると思いますので、参考にしていただれば幸いです。

    ウォーキングの姿勢
    まず、真直ぐに立ちましょう。頭、肩、腰、足(土踏まずの辺り)が一直線になるようにします。目は足元近くではなく、少し前方を見ることで頭も正しく保てます。胸を張って、腰が引けないようにしましょう。

    ウォーキングの歩き方
    ウォーキングのときは歩幅を広めにしましょう。そのためには膝を伸ばすように注意します。そして足はかかとから着地します。といっても、ジョギングなど走るときと違って、自然にかかとから着地しますから、特に気にする必要はありません。かかとからつま先のほうへ送る感じで蹴ります。

    腰は前に押し出すような感じ、少し回転を伴う感じでもあります。肘は少し曲げて振ります。そのほうが、リズムがとりやすく、疲れにくいです。このような歩き方で、無理な負担もなく、スムーズにウォーキングできます。

    ウォーキングの呼吸について
    人それぞれの呼吸のしかたがあって、ウォーキングだからといって、これでなくてはいけないということはないと思います。ただ、少し速め、トレーニングとかダイエットなど効果を考えるのなら、多少工夫したほうがよいでしょう。

    よくいわれるのは、吸う、吸う、吐く、吐くですが、私の場合は、できるだけ深い呼吸を心がけています。そして、2回吸って、6回(6歩以下同様です)吐く、あるいは8回吐くなどしています。歩く速度、勾配などで適当に変えています。

    ウォーキングのウォーミングアップとクールダウン
    いきなりウォーキングするのではなく、やはりストレッチをして、足首、アキレス腱などをほぐしてから、始めましょう。初めにゆっくり歩いて、それからストレッチしても良いですね。終わったときもクールダウンをしたほうが、続けるうえには大切です。ストレッチはゆっくり、はずみをつけないで行いましょう。

    服装、シューズなどウォーキングのグッズについては別のページでご紹介しましょう。

    ウォーキングの基礎(1)

    ウォーキング少年

    歩こう 歩こう わたしは元気! 
    ご存知「となりのトトロ~さんぽ」の歌ですね。ここでもいわれているように、歩く(ウォーキング)ことは元気であることの証拠で、健康のベースですね。

    今では、大変多くの方がウォーキングをされていますが、できるだけ楽しく、続けて行うことが大切ですね。そのためには、使うグッズにしても、それにフィットしたものが求められます。このブログではできるだけそういうことのお役に立つ情報を提供していきますので、よろしくお願いします。

    このページではまず、ウォーキングの基礎知識について、概略をご紹介します。

    ウォーキング全般について
    歩くことは、日常生活でも必ず行われますし、また散歩もよく行われますが、ここでの「ウォーキング」は、少し歩くことを意識した、いわば「健康ウォーキング」として述べることとします。

    ですから、散歩などのだらだら歩きではなく、それよりは少し速め、規則的、リズミカルに歩くこととします。ただし、その程度は人それぞれですので、例えば速度が遅くても、そういう意識でされていれば立派なウォーキングといってもいいのではないでしょうか。

    ウォーキングの環境について
    その人その人にとってやり易い環境があると思います。理想的に障害の少ない広い公園などでしょうが、街中でするしかないこともあるでしょう、また、フィットネスクラブの室内、あるいはマシンの上でかもしれません。また、たまには郊外、野山でということも素敵ですね。その人に応じて、あるいはそれらをミックスして、変化も楽しみながら継続できるといいですね。

    ウォーキングの頻度、時間について
    できるだけ継続的にするのが良いのですが、休みも必要です。週に1日は休むようにしましょう。また、逆に週に1~2回しかできなくても、継続しましょう。
    1回の時間は、有酸素運動としてできれば20分以上が望ましいといわれます。

    ウォーキングのスピードについて
    通常は話ができる程度のスピードが良いといわれます。体力作りのためにかなりのスピードで、速歩とでもいうペースでウォーキングする人もいますが、通常はそんなに速く歩く必要はありません。慣れた人でも時速にすれば6キロ程度で十分でしょう。ゆっくりでも、快い風を感じられますよ。

    ウォーキングの時間帯
    まず食事の直後はもちろん、できれば食後2時間くらいは避けたほうが良いでしょう。また、早朝は体が運動になじんでいない時間であり、特に寒い時期には循環器系統の問題を引き起こす可能性もありますので、注意しましょう。

    その他のこと、ウォーキンググッズなどについては別のページでご紹介します。
    スポンサードリンク
    最新記事
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    プロフィール

    ハッピーウォーカー

    Author:ハッピーウォーカー
    できるだけ多くの方が、楽しくウォーキングをされ、健康でハッピーな日々を送られるように!

    walkingc
    FC2ブログランキング

    FC2Blog Ranking

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。