スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ヨネックスのウォーキングシューズ

    ウォーキングをする人にとって大切な、ウォーキングシューズについて、今回はヨネックスをご紹介します。

    ヨネックスについてはご承知のように、バドミントンやテニスのラケットのメーカーとしてよく知れれていまが、
    ヨネックス㈱のルーツは、1946年に創業者の米山勉氏が新潟で木工製品を作るところから始まりました。

    その後、バドミントンのラケットの製造、販売を始め、スポーツ用品メーカーとしての活動がスタートしました。1958年に㈱米山製作所を設立、その後ヨネヤマラケット、ヨネックススポーツを経て1982年現社名になっていす。

    製品も、テニスラケットやゴルフクラブやウエア類に幅を広げ、業界での地位も固めました。「スポーツ心を世界に」をスローガンにして、石川僚選手ほかトップアスリートのサポートにも力を入れています。

    ウォーキングシューズは2000年に参入し、他メーカーとは一味違った製品を提供して、人気を呼んでいます。同社のホームページ からもご覧になれますが、ウォーキングというカテゴリーがはっきりしていて、意気込みが感じられます。

    ウォーキングの中は、カジュアルウォーク、ロングウォーク、旅ウォークに分かれます。カジュアルウォークは文字通り、街履きから、フィットネス、運動に適したものがあり、長時間・長距離用にはロングウォークを、旅行にも使えるものは旅ウォークを選ぶようになっています。

    ヨネックスのウォーキングシューズの最大のポイントは、”パワークッション”です。それは、高反発で軽量衝撃吸収材とPRしていますが、例えば6mの高さから卵を落としても割れないくらいやさしく衝撃を吸収するといっています。そのほか蹴り上げをサポートし、疲労を少なくする、非常に軽いなどを特長としています。

    ヨネックスのウォーキングシューズについて、全体的にはまず、ただの運動靴というよりは、少しカジュアルっぽい印象を受けますが、健康ウォーキングとしてどんな商品を選べばよいか、少し例を挙げてみます。

    カジュアルウォークの中で、LC46またはMC46(Lは女性、Mは男性で、以下同じです)はスニーカータイプ、価格はメーカー定価で13,650円です。また、LC47、MC47は運動靴あるいはスポーティな感じで、価格は12,600円です。LC48、MC48も運動靴っぽい感じで、12,600円です。

    ロングウォークの中では、LC50、MC50などは通気性、防水性に富んでいます。価格は14,700円です。

    など、ちょっとおしゃれで、素材もレザー、人工皮革などの商品がありますので、上記ホームページからウォーキングのカタログをご覧ください。

    なお、実際のネットショップなどでは若干割引されているようです。参考サイトはこちらなどをどうぞ。


    スポンサーサイト

    ニューバランスのウォーキングシューズ

    ウォーキング少年
    健康づくりのためのウォーキング、そのためにはできるだけフィットしたウォーキングシューズを選ぶ必要があります。今回はニューバランスを取り上げてみましょう。

    ニューバランス(New Balance)は、1906年にアメリカ、ボストンで靴のインナーと偏平足などの矯正用の靴を作ることから始まりました。社名のNew Balanceは、履く人に新しいバランスを感じてほしいとの願いからです。

    その後一般向けのランニングシューズを提供していきますが、同社は創業時から足の解剖学的、あるいは運動生理学的な関心を強くもって取り組んできたようです。 テクノロジーを結集し、フィット性、機能性を追求していくというのが同社の姿勢です。

    日本にはニューバランス・ジャパンがあり、同社のホームページはこちらからご覧になれます。、ウォーキング愛好者にとって利用しやすいホームページですので、参照されることをお勧めします。

    そのトップページから「シューズ製品」というアイテムをクリックすると、次のようなカテゴリー別に表示されます。ランニング、フィットネス、アウトドア、スポーツ、ウォーキング、ライフスタイルなどです。

    さらに「ウォーキング」のアイテムをクリックすると、Fitness、Town、Travel、Posture(姿勢)に分かれていますので、自分の目的に合ったカテゴリーを選択します。

    日常的に健康ウォーキングをするのであれば、「Fitness Walking」が適しているでしょう。これは。スポーツや健康、ダイエットなどのためにウォーキングに取り組む人を対象に開発されたシューズですので、まさにぴったりです。

    この中に6モデルが表示されていますが、WW880などは心地よいと女性に人気のようです。(定価9,975円)また、ゴアテックスで防水のMRW760もあり、定価15,550円です。

    ネットショップの例はこちらなどを参考にしてください。

    リーボックのウォーキングシューズ

    ウォーキング愛好者の重要なアイテムであるシューズについて、今回はリーボックを取り上げてみます。

    まず、リーボック(Reebok)社についてです。同社はアメリカ、マサチューセッツ州に本拠を置く会社ですが、ルーツはイギリスにあり、陸上競技の選手であったフォスター氏が1895年に陸上競技のスパイクシューズを作ったところから始まりました。

    当初はフォスター社といっていましたが、1958年にリーボック社に変更しました。アフリカにいる俊敏な動物ガゼールからとった名前です。

    1979年にアメリカでの販売ライセンスを得て、次第に実績をあげ、全米第一位のスポーツ用品メーカーとなりました。そして、2005年には、アディダス・グループに入り、その中で事業を行っています。

    リーボックは歴史的にもシューズを主体に経営をしてきて、陸上競技用のシューズで、注目される実績を挙げたのをはじめ、エアロビックス用のシューズを開発して大人気を博したり、ランニングシューズ、ウォーキングシューズなどにも意欲的に取り組んでいます。

    日本にはリーボックジャパンがあり、ホームページはこちらからご覧になれます。ホームページの下部にサイトマップがあります。「Footwear」の項でシューズをまとめて見ることができますが、スポーツの種類別には、Running、Training、Walkingと別々に表示されていますので、探しやすいでしょう。

    ランニングシューズは、やはり走ることを主体としていますが、参照してみてください。
    ウォーキングシューズを見ますと、いくつかのシリーズがありますので、個々のアイテムをクリックして、特徴を確認してください。

    イージートーン(Easey Tone)というシリーズは、2009年に美脚効果があるとして女性向けに発売し、世界で人気を集めています。得意のエア技術を採用し、履いているだけで、普段使わない筋肉も使いカロリー消費量があがり、ヒップアップ、美脚などに効果があるといわれます。もちろんメンズもあります。

    リーボックジャパンのオンラインショップはこちらです。価格は定価で1万円からもう少し高いところです。
    なお、ネットショップなどでは、若干低い目で販売されています。こちらも参考になります。


    テーマ : ウォーキング - ジャンル : ヘルス・ダイエット

    ミズノのウォーキングシューズ

    ウォーキングにとって大切なウォーキングシューズについて、今回はミズノのシューズをとりあげてみます。
    ご存知のようにミズノは世界でも有数の総合的スポーツ用品メーカーで、創業は1906年、1世紀あまりも運動用具を提供している会社です。

    製品は、各分野のスポーツの及んでいて、同社のホームページから見ることができます。ほとんどのスポーツショップにミズノのシューズも並んでいますので、直接ご覧になれますが、より自分に適したものを探す場合には、いちど同社のホームページを確認されることをお勧めします。

    同社のホームページのサイトマップで競技別のメニューがあり、ランニングとウォーキングは別に表示されています。

    ランニングのページからランニングシューズを見ますと、ウェーブシリーズなどのランニングシューズが表示されています。それぞれの製品をクリックすると仕様や用途などの説明があります。おおむねは、やや専門的な走りに適したものになっていますが、ウォーキング用には底が厚めのものを選べばそれでも結構でしょう。

    さて、ミズノにはウォーキングというカテゴリーがあり、さきほどのサイトマップから入ることができます。そうすると、ウォーキングシューズとともに、ウォーキング全般について、さまざまな情報を提供していますので、ぜひご覧ください。

    ウォーキングシューズについては、ハイキング、長距離など用途別に表示がありますが、普通の日常的な健康ウォーキングには「軽いエキサーサイズとして歩くシューズ」が良いでしょう。一例として、ウェ-ブフィジカル(5KH-126)で、価格は10,500円です。さらに他のアイテムも参照してみてください。

    テーマ : ダイエット ダイエット ダイエット - ジャンル : ヘルス・ダイエット

    プーマのウォーキングシューズ

    ウォーキングをする人にとって、シューズは大切なグッズですが、今回はプーマウォーキングシューズをとりあげてみましょう。

    ご存知のようにプーマとアディダスは、もとは兄弟がそれぞれ創業したドイツのスポーツ用品メーカーです。プーマとアディダスのルーツは、1920年に兄ルドルフ、弟アドルフのダスラー兄弟が靴製造会社を設立したところにあります。学校の体育館履きのシューズから販売が広まっていきました。

    二人は1948年にけんかして別れ、兄はプーマを、弟がアディダスをつくりました。プーマは始めはルーダ(ルドルフのルとダスラーのダの結合)といい、翌年プーマとなりました。アディダスは、アドルフの愛称アディとダスラーのダスを結合です。日本にはプーマジャパン㈱があります。

    アディダスやナイキその他多くのスポーツ用品メーカーは、早くから総合的なスポーツ用品メーカーを目指してきましたが、プーマはサッカーに重点を置き続けてきました。
    マラドーナほか有名プレーヤーがプーマを愛用し、サッカーのプーマとまでいわれましたが、その他の分野ではやや出遅れたようです。

    しかし、近年ではランニングシューズやウエア、ゴルフ用品なども充実して、人気を集めるようになっています。ランニングシューズなどでもあのプーマのロゴは存在感がありますね。

    ところで、ウォーキングシューズについてですが、プーマのホームページ(プーマジャパン)では、残念ながらウォーキングシューズといいう名称は探すことができません。これはアディダスでも同様です。

    プーマジャパンのホームページでは、ON LINE SHOPもあり、利用できますので、まず同社のホームページをご覧になることをお勧めします。それから、ネットショップも参考にしてください。

    プーマの中で、ウォーキングに適したシューズを探すには、まずシューズの中で「ランニング」、それから「フィットネス&ヨガ」、さらにカジュアル的な分野では「ライフスタイル」から選ぶことができます。

    「ランニング」シューズの多くはよりタフな運動用を意識していますので、そのようなものを好む人はそれでもいいでしょう。

    また「フィットネス&ヨガ」の中から、ボディトレイン・シリーズなどを対象に探してみるといいでしょう。このシリーズは筋肉を活性化させ、アウタイルアップを狙い、履き心地としてもかかとから足先までスムーズに運べるようにとの考えで設計されています。価格は通常8,000円程度ですが、ときによってはかなりのオフもありえます。参考商品=185757-03

    そのほか、「ライフスタイル」の中では、ユーゴランというシリーズがあり、シンプルでお勧めという声があります。価格は約8,000円です。

    テーマ : ダイエット・美容・健康 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

    スポンサードリンク
    最新記事
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    プロフィール

    ハッピーウォーカー

    Author:ハッピーウォーカー
    できるだけ多くの方が、楽しくウォーキングをされ、健康でハッピーな日々を送られるように!

    walkingc
    FC2ブログランキング

    FC2Blog Ranking

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。